10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

大人買いした液肥(箱・20kg)の購入先

2009.05.17 (Sun)

レッサー耳寄り情報~。

先日、住友液肥2号を箱(20kg)で購入したことを書きました。

住友液肥2号箱


まだまだ駆け出しですが、すでに7品種(イチゴ、トマト、小松菜、バジル、パセリ、小かぶ、つるなしインゲン)を育てている身。液肥1号のボトルをチラとのぞいたら、2/5がなくなっていました。

「畑に進出して、耕作面積も広がり、液肥が大量に必要になる…。いまのうちに、液肥を箱で購入しておこう」

そう思うやいなや、ネットで検索開始。

楽天で販売しているところを1件見つけたのですが、送料がプラスされると割高になりそう…。

あきらめず諸先輩方のありがたい記録をたどっていくと、いまはもう更新なさっていませんが、過去の記録のなかに耳寄りな情報が残されていました。


そ・れ・は、

メモメモ
農家向けの住友液肥(20kg・箱)を販売している住商アグリビジネス㈱にメールで地元の特約店を問い合わせ、その特約店で購入する

でした。これなら、車でひょいといけますし、送料が無駄に上乗せされることもありません。

早速、住商アグリビジネス(株)のお問い合わせフォームから、地元の特約店を問い合わせました。

5月6日の夜に問い合わせて、担当の方から8日にお返事をいただけました。東京営業部の○さん、ありがとうございました。

ちなみに、住商アグリビジネス㈱は、2007年1月に、肥料及び農業資材販売を主体とする住商農産(株)と肥料製造直販を主体とする日東バイオン(株)が統合されて誕生した会社だそうです。私が検索してたどり着いたブログ主は、当時の住商農産(株)に問い合わせていました。


東京営業部の方からお返事をいただいて住所を検索すると、車で5分程度の距離!

ただ、先週はなんやかやと忙しく、ようやく昨日住所を頼りにそのお店にたどり着きました。おそるおそる事務所に入ると、在庫として「住友液肥2号・箱」が置いてあるとのこと。嬉し~。即、購入いたしました。


「住友液肥2号箱・20kg」3,003円(税込)也~。


楽天で箱売りしていたところでは、3,980円+送料でしたので、これはオトク。

「住友液肥1号・箱」は在庫がなかったので、取り寄せていただくことに。3日後には入荷するそうです。ありがたい。

ちなみに、10mlあたりの単価を計算すると…。

【ボトル】
  800ml・980円  12.25円
【箱】
  20kg・約16ℓ=16,000ml・3,003円 1.87円
  
  800mlのボトルの容量に換算すると149.6円(!) だいたい7分の1の価格



なのでした。

畑では、1回あたり10リットルのじょーろに20mlを混ぜ込んでいますから、なくなるのが早いのです。これは助かります。

…ただ、昨日箱からペットボトルの簡易容器に移し替える時点でバランスを崩し、400mlほどこぼしてしまいましたぁ~~~。

♪3歩すすんで、2歩さがる~。

こりゃー、雨水タンク用のコックを購入必要がありますな。

↓ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ


スポンサーサイト

テーマ : 永田農法(家庭菜園) - ジャンル : 趣味・実用

21:44  |  ・耳寄り情報  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

エクセル式・ぷち農業日誌

2009.05.02 (Sat)

レッサー耳寄り情報~。


いま、私は3種類の野菜と果物を栽培しています。好奇心がどんどんふくらみ、今後もいろいろと栽培したくなることでしょう。


ブログは先輩の皆さまとの交流の拠点でもありますが、自身の栽培記録の場でもあります。


ただ、一覧性がないので、これから、いつ液肥や水やりをしたのか忘れそうなのです…三年寝たろうなもので。


図書館から借りてきた「おいしさのつくり方」(諏訪雄一著)の155ページに、「作付け計画表をつくろう」とあります。永田農法では、連作障害が起きる作物を避ければ、何度もその場所を利用できるのです。



そ・こ・で、

メモメモ
エクセル式・ぷち農業日誌をつくってみました。


↓クリックすると拡大します。

農業日誌エクセル

これなら、一目瞭然です。



エクセルなので、セルの追加や削除もできますし。


がんばろう~っと。

【本日更新したその他の記事】
完熟トマトセリーヌ10日目
キャベツ小松菜(新黒水菜小松菜)3日目
完熟トマトトマト(アロイ、ステラ)4日目

↓エクセルでさくさく~。
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ



テーマ : 永田農法(コンテナ) - ジャンル : 趣味・実用

23:43  |  ・耳寄り情報  |  Trackback(0)  |  Comment(3)

先輩ブロガーかっしー@芸農人さんから「土」「ケイカル」入手法などを

2009.04.29 (Wed)

レッサー耳寄り情報~。

なんと、永田農法の先輩ブロガー「芸農人やってる会のかっしー@芸農人さんのサイトにおじゃましたところ、早速ご訪問いただいちゃいましたぁ~。ドンドンパフパフ~ありがたや~。

コメントいただいた貴重な情報が埋もれてはもったいありませんので改めて引用させていただきます。

なかなか手に入らなかった「日向土」、かっしー@芸農人さんによると

ホームセンターによっては、取り寄せてもらうこともできて、ネット通販より量も多くて値段も安かった

そうです。かっしー@芸農人さんが最初にネットで購入なさったのが、
楽天ショップの刀川平和農園で、14Lで809円だったそう。ホームセンターのお取り寄せでは、 18Lで600円ぐらいとか。お取り寄せできるなら、その方がいいのですね~。

そして、

基本的に、水はけがよい土(砂)であれば問題ないと思います。
確かに、鹿沼土は酸性なんでお勧めじゃないと、他のブログの方も書いてましたよ。

赤玉土や鹿沼土などでも代用できるんですが、これらの土に比べて日向土は粒が固いので何回も使用できます。
そして、知っての通り軽石で石に小さな穴があいており、そこに液肥などが貯まってそれを植物が補給するという仕組みだそうです。


よし、十和田砂でも大丈夫かもしれないと自信がでてきました。

そして、「ケイ酸カルシウム」ですが、

ケイ酸カルシウムは農協にいけば手に入るんじゃないかと思いますよ。

早速、いってみよう。
さらに、種からの栽培で適度な発芽の重し役となる「目土」について、
それと、種まきした後にかぶせる土が永田農法では「目土」というのを使いますが、軽くて発芽しやすいようです。

これがまた入手に苦労しました。
ホームセンターなどで「芝の目土」を売っていますが、ほとんど肥料が入っているので、肥料抜きの目土も探しました。
こちらも「芝の目土」なんですが肥料が入っていません。
それはこちらから

これまた楽天ショップのガーデンメイトっている店です。

永田さんの本ではないですが、一緒にやっていたNHKの諏訪さんって方が描いた本「おいしさの作り方」という本にも出てきます。


かっしー@芸農人さん、丁寧なアドバイスありがとうございました。



にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ



テーマ : 永田農法(コンテナ) - ジャンル : 趣味・実用

00:43  |  ・耳寄り情報  |  Trackback(0)  |  Comment(2)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。