FC2ブログ
02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

セリーヌ(イチゴ)180日目 子株をポットに移植

2009.10.19 (Mon)

10月19日(月)



晴れ曇り
温度計
20℃/11℃

7月にアップして以来、音沙汰をなくしていたイチゴ(セリーヌ)。

栽培してから180日ってことは、半年ですよ、半年~。永田農法はじめてから、いちばん最初に植えた苗がこのセリーヌですから。半年はあっという間です。

セリーヌ真上から

四季成りの名に恥じぬ(?)、立派な成りっぷりを見せてくれています。

蜂さんもブンブン飛んできます。

これぞ四季成り也~

よっ!これぞ四季成り也~(と、韻を踏んでみる)。

セリーヌ実

…暖かくしておいたら、冬にも成るのでは!?

そんなセリーヌちゃんですが、週1回の液肥をやる以外にほぼ、ほったらかし状態だったのですが、ランナー伝いに子株が出ていたので、この中で育てていました。

が、しかし、そろそろポットに移植せねば。

イチゴは、ランナー伝いに伸びた第一株子株ではなく、第二株子株をポットに移し、根が張ってきたら切り離すのだそう…。第一株子株は親株の病気をもらっている可能性が高いからとか。

セリーヌ


まだ、ランナーとつながっている第二子株をこのようにポットに乗せて…。

セリーヌ子株1

こんな感じでU字ピンでとめておき、根が張るのを待ちます。

セリーヌ子株1ピン止め

イチゴ桶の中に置いておきます。

もうひとつの第二子株は、すでに桶の中で根を張っていたので、ちょちょいと掘り起こしてポットに移植。

セリーヌ子株2

もちろん、ポットの中は十和田砂にケイカルを混ぜて準備したもの。植えてから、住友液肥2号(300倍に希釈)をたっぷりかけてあげました。


さて、もう少しして子株がそろったら、別な場所に植え替えましょう。

イチゴは、ランナー伝いにどんどん株を増やしていけて、一株から30~50株もの子株を増やせるのだとか!?ほんまかいな~。

でも、こうやって次の年、また次の年と自分で育てた子株から収穫できるのもイチゴならでは。

そろそろ、ホームセンターにイチゴ苗が出回りはじめています。新しい品種も育ててみようかな~。

やっぱり、四季成りか!?


↓ブログランキングに参加しています。クリックしてくださると、嬉しいです。
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ


スポンサーサイト

テーマ : 永田農法(コンテナ) - ジャンル : 趣味・実用

20:28  |  イチゴ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://nagatafarming.blog37.fc2.com/tb.php/136-d0eab741

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。