FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

トマト苗(ホーム桃太郎、ミニトマト赤・黄)定植 & 新たな発芽実験

2009.05.30 (Sat)

5月30日(土)




曇り
/雨
温度計12℃/11℃
昨日、今日と明日は気温が11~12℃とあまりあがらず、曇りのち雨です。

◆花の30均トマト苗トリオに呼ばれた日◆

昨日帰りがけ、くん炭を購入するためホームセンターに立ち寄ると、入り口の苗コーナーに足が向いてしまいます。種から育てることを目標にしているので、トマト苗に心惹かれることはなかったのですが、こうもくじけてしまうと、保険として苗を購入しない訳にはいかなくなってきました。

ふと、目をやると、


[サービス品・30円均一]

「……!」

なんと、茎が太くてしっかり葉を伸ばしているトマトがところどころ混じっているではありませんか。下葉に黄色くなりかけているところがあるものの伸びている上部は青々としています。


「これは、”救出せよ”というメッセージなのかも…」と、じっくり見合って3つをカゴにいれました。種から育てているトマトに仁義(?)をたてて、正規の値段のものは購入しないぞと心に誓いつつ。その3つとは。

【ホーム桃太郎】【ミニトマト赤実】【ミニトマト黄実】

家庭菜園にもブランド志向の波が到来しているためなのか、No ブランドのトマトが隅に追いやられているような気がしてせつない気持ちになりました。


「わたしが、あなたたちをとびっきりの美味なトマトにしちゃる!」小さくガッツポーズ。

これがその「花の30均トマト」トリオです。もうすぐデビューです。ポットが黄色いのがミニトマト黄実。右がミニトマト赤実。黒いのがホーム桃太郎です。ミニトマト赤実には花も咲いています。

30

100均で7号ポットを3つ購入。鉢底の土(1):十和田砂小粒(2):十和田砂微粒(2)の割合で層を作り、ケイ酸カルシウムをまぜまぜ。6Lのジョーロに12mlの住友液肥2号(実物)を溶かし込みかけて準備は終了。この準備もだんだんこなれてきました。

さあ、永田農法恒例のケーキ入刀…もとい、根きりです。セリーヌちゃん(イチゴ)以来です。いくら30円サービス品といっても根はぎゅうぎゅうです。

ミニトマト赤実のそのまま根   ミニトマト赤実の根


←ワタクシ秘伝の、「①水を張ったバケツに付け根から1/3に切った根を浮かせる。根が水の中で360℃にプカプカ浮いている状態を保ったまますくい上げ、そのまま定植する」をしました。

ジャーマンなポット一同

定植後、記念写真です。ポットがジャーマン配色なのはなぜ?

…おや、この白くて長いのは?!どこかでお見かけしませんでしたかニョロ(裏には、品種名が)。

にょろにょろか


◆ポケットに愛・カンガルー人間発芽の術◆

まだちゃんとした軌道にのっていないトマトの発芽と育苗を成功させるべく、いろいろなサイトめぐりをしていました。発芽は25~30℃ないといけないのに、当地は向こう1週間、20℃前後の気温です。

すると、あるQ&A形式のコーナーで、
「Q:トマトを種から発芽させるにはどうしたらいいですか」
「A:ティッシュをしめらせ、ビニールの小袋に入れて、発芽するまでズボンのポケットに入れて持ち歩く」
という方法を答えとして書いている方がいらっしゃいました。

「こ・れ・だぁ~」

思い立ったが吉日。たねの森から届いた「サンマルツァーノ トマト(イタリアントマト)」と「イエローベアー トマト」「アロイトマト」「ステラミニトマト」4種類のトマトと「カンタローブヘイルズベスト」というメロンの発芽実験に乗り出しました。

うまくいったら写真をアップします。

↓ブログランキングに参加しています。クリックしてくださると、嬉しいです。
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ


スポンサーサイト

テーマ : 永田農法(コンテナ) - ジャンル : 趣味・実用

20:25  |  トマト・ミニトマト  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

Comment

30円だと余計に心が揺れますね^^
種からと苗から。それぞれに良さがありますから、どちらも楽しんで下さい。
私は永田をやっていても、じつはトマトの根切りをしたことが無いのです。
種からトマトは始めからボラ土だし、数少ない苗を買ったモノは普通の土に植えたので。
かなんりょう |  2009.06.02(火) 15:18 | URL |  【編集】

Re: タイトルなし

> 30円だと余計に心が揺れますね^^
> 種からと苗から。それぞれに良さがありますから、どちらも楽しんで下さい。

いまもって種から育てようとしているトマトに仁義(?)をたてて、30円ポットを救出してみました。トマトはAクラスの難易度とあり、さすがに初心者の私に立ちはだかる壁は高かったです。でもその失敗が次の肥やしになると思うと、貴重な経験です。苗トマはすくすく育っていて、早くも収穫が楽しみです。

> 私は永田をやっていても、じつはトマトの根切りをしたことが無いのです。
> 種からトマトは始めからボラ土だし、数少ない苗を買ったモノは普通の土に植えたので。

意外でした。根を切るのは勇気がいりますからね。種から育てていても、土より粒の大きいボラ土(砂)だと、風が吹くと倒れないか心配になります。葉物はすくすく大きくなったので心配をしなかったのですが、トマトは心配でポットの中を覗き込んでしまいます。
照葉由愛 |  2009.06.03(水) 21:38 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://nagatafarming.blog37.fc2.com/tb.php/73-ffd9b528

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。