FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

先輩ブロガーかっしー@芸農人さんから「土」「ケイカル」入手法などを

2009.04.29 (Wed)

レッサー耳寄り情報~。

なんと、永田農法の先輩ブロガー「芸農人やってる会のかっしー@芸農人さんのサイトにおじゃましたところ、早速ご訪問いただいちゃいましたぁ~。ドンドンパフパフ~ありがたや~。

コメントいただいた貴重な情報が埋もれてはもったいありませんので改めて引用させていただきます。

なかなか手に入らなかった「日向土」、かっしー@芸農人さんによると

ホームセンターによっては、取り寄せてもらうこともできて、ネット通販より量も多くて値段も安かった

そうです。かっしー@芸農人さんが最初にネットで購入なさったのが、
楽天ショップの刀川平和農園で、14Lで809円だったそう。ホームセンターのお取り寄せでは、 18Lで600円ぐらいとか。お取り寄せできるなら、その方がいいのですね~。

そして、

基本的に、水はけがよい土(砂)であれば問題ないと思います。
確かに、鹿沼土は酸性なんでお勧めじゃないと、他のブログの方も書いてましたよ。

赤玉土や鹿沼土などでも代用できるんですが、これらの土に比べて日向土は粒が固いので何回も使用できます。
そして、知っての通り軽石で石に小さな穴があいており、そこに液肥などが貯まってそれを植物が補給するという仕組みだそうです。


よし、十和田砂でも大丈夫かもしれないと自信がでてきました。

そして、「ケイ酸カルシウム」ですが、

ケイ酸カルシウムは農協にいけば手に入るんじゃないかと思いますよ。

早速、いってみよう。
さらに、種からの栽培で適度な発芽の重し役となる「目土」について、
それと、種まきした後にかぶせる土が永田農法では「目土」というのを使いますが、軽くて発芽しやすいようです。

これがまた入手に苦労しました。
ホームセンターなどで「芝の目土」を売っていますが、ほとんど肥料が入っているので、肥料抜きの目土も探しました。
こちらも「芝の目土」なんですが肥料が入っていません。
それはこちらから

これまた楽天ショップのガーデンメイトっている店です。

永田さんの本ではないですが、一緒にやっていたNHKの諏訪さんって方が描いた本「おいしさの作り方」という本にも出てきます。


かっしー@芸農人さん、丁寧なアドバイスありがとうございました。



にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ



スポンサーサイト

テーマ : 永田農法(コンテナ) - ジャンル : 趣味・実用

00:43  |  ・耳寄り情報  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2009.04.29(水) 09:00 |  |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2009.04.29(水) 09:02 |  |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://nagatafarming.blog37.fc2.com/tb.php/9-67402fad

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。