FC2ブログ
01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

中国ではニンニクが100倍の高騰

2009.11.29 (Sun)

なんだか、すごいニュース…。

ドバイが逝ってリーマン以降の世界的に大きなバブル崩壊かって時に、中国ではニンニク長者誕生か!?

(以下、引用)
【大紀元日本11月22日】中国国内ではニンニクの価格高騰が続いている。ニンニクの最大産地である山東省金郷(ジン・シャン)県では、11月中旬の卸売価格は一キログラム当たり8元(約105円)となり、昨年の100倍に上昇した。

 中国メディアの報道によると、中国のニンニク最大生産地、山東省金郷(ジン・シャン)県では、今年の2月より、ニンニクの値上がりが始まった。現在の価格はすでにこれまでの40倍以上に達しており、豚肉の価格を上回る。

 一方、広州にある農産品卸市場では、ニンニクの国内卸値が今年6月に、キロ当たり1元(約13円)から、キロ当たり8・2元(約107円)に上昇。北京のニンニクの価格もキロ当たり8元(約104円)へと急騰し、今年初めの価格から10倍の値上がりとなった。

 ニンニク価額高騰の原因として、新型インフルエンザの流行で需要が急増したほか、昨年の価格暴落で生産量の減少や、仲介業者が値を吊り上げているなどが挙げられると中国のメディアが報道している。

 中国ニンニクの関連ウェブサイトの統計によると、2007年、中国各地では約68万ヘクタールのニンニク作付面積があったが、2008年には37万ヘクタールに半減したという。また、昨年の世界的な金融危機の影響で需要が低迷し、ニンニクの冷蔵保管コスト高を嫌悪した農家が今年のニンニク栽培を見送ったと専門家は分析している。

 他方、中国経済専門家は、生産量の減少に乗じ、仲介業者が値を吊り上げていると指摘している。

 また、米医学専門家が体内を殺菌する食材として「ニンニクが最高」と推薦し、海外では消費者がニンニクを買い求めているという出所不明のニュースが中国国内で氾濫していた。ニンニクは新型インフルの予防に効くという噂が広まっていたと中国のメディアは伝えている。
(引用、ここまで)

http://www.epochtimes.jp/jp/2009/11/html/d13889.html


このあたりでは、ニンニクの栽培が盛んで、玉ねぎの記事の時に書きましたが、ビニールマルチから芽を出しているのは、ほとんど、いやすべてニンニクです。

ちなみに、八戸中央青果(株)の11月28日の販売価格をみると
【ニンニク】1kgで高値1,155円/安値315円

だから、日本からニンニクを持っていっても、まだまだ高値だから、中国でニンニクやってないと長者にはなれません!?

いや、まてよ、うちの地元あたりであんなに大量に栽培されているニンニクは、中国の高所得層に輸出されていたりして!?


中国産の野菜、香港あたりでは毒菜(ドクチョイ)といって、倦厭しているからね。

スーパーから中国産と表示された野菜が少なくなっているけど、おそらく加工品に回されて、日本に入ってきているでしょう。冷凍食品、安いお惣菜、安いチェーンレストラン、給食(あ、こないだのYouTube!)etc.

私は加工品を食べないようにしています。でも、時々チェーンのレストランや居酒屋で外食すると、お腹がもたれることがあって、不信感。こないだも、カレーを食べたらムカムカしてきたし…。何が入っているのかわかりません。



↓ブログランキングに参加しています。クリックしてくださると、嬉しいです。
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ

テーマ : 永田農法(家庭菜園) - ジャンル : 趣味・実用

00:36  |  農業問題  |  Trackback(0)  |  Comment(1)

ニンジン(紅福冬越五寸)83日目 土の下ではニンジンが!

2009.11.26 (Thu)

11月21日(土)



曇り雪
温度計
7℃/-2℃

周回遅れで植えたニンジン(紅福冬越五寸)ですが、先週土曜日21日で83日目を迎えていました。

この日から2日間、氷点下になったので、様子を見に畑にいきました。

紅福冬越五寸の全体

くん炭を表面にまき、保温に徹しているので、しおれるということはありませんでした。

葉っぱの茂り方も夏に植えたニンジンに近くなってきましたが、いまは冬。

夏で76日目で全部収穫を終えたのに対して、生長がゆっくりです。

どれどれ、土の下を観察してみましょう。

紅福冬越五寸掘ってみた

ちょっとニンジンらしき姿が見えます。さわってみると、直径4センチぐらいにはなっていそうな気配。

最近は液肥も控え気味。日中、暖かい日が続いたときに様子を見たいと思います。


紅福冬越五寸ニンジンの説明を読むと、「根が地中に潜り、厳寒期を越冬できる」とあり、11月から3月まで収穫できるそうです。

寒いけど、がんばって大きくなるんだよ~。



↓ブログランキングに参加しています。クリックしてくださると、嬉しいです。
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ

テーマ : 永田農法(家庭菜園) - ジャンル : 趣味・実用

21:25  |  ニンジン  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

はい、おつかれさま

2009.11.22 (Sun)

携帯に変なメールを送り続けるひとりの知人をアクセス拒否したら、とたんにこのブログに携帯からの投稿でへんなコメントが沸きはじめました。

携帯メールを教えた知人をアクセス拒否にしたのは、過去にも例がありません。

過去のこのブログのスレッドに別名アルファベット3文字でなんどかコメントをつけた人で、ご丁寧にこのブログもチェックしています。

まえに「インフルエンザワクチン接種に反対してるから?あるものを応援してるから?」なんてぼかして書きましたが、要するにあるものを応援していることが気に食わないんだそうです。


まったくもって、意味がわかりません。仮にも○○○○○な立場の人なのに…。


そして個人が趣味でやってるブログなんて、ほっとけば?

なんて寂しい人なんでしょう。

13:30  |  未分類  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

紅福冬越五寸近況…を順延して給食動画

2009.11.21 (Sat)

紅福冬越五寸人参の近況をアップしようと思いましたが、明日以降に順延します。

…なぜなら、管理ページで他の人がアップした最新ブログから、”ホントだったらショッキングなYouTube”を発見してしまったからです(冬だから更新ネタが少ないってのもありますが)。


まずは、こちらをご覧ください。



ものものしい音楽とともに、比較的裕福な学校の給食と対比されて仙台の給食がスライドショーになっています。

そんなことになってるのか!?ホントだったら大変だ。

県と時代が違うけど、私の子供時代はもっとバリエーションがあって楽しかったぞ。


それでも少なくするなら、野菜を多めにしてあげてほしい…と思うのは私だけ!?

本来人間は少食の方が内臓に負担かからないから健康でいられるし、エネルギッシュでいられるんだけどね。


でも、栄養価のある野菜は増やしてあげようよ~。



↓ブログランキングに参加しています。クリックしてくださると、嬉しいです。
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ



23:52  |  農業問題  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

中葉春菊52日目 間引き 生で食べられる春菊!

2009.11.20 (Fri)

11月20日(金)



曇り晴れ
温度計
4℃/0℃


そろそろ最高気温冷蔵庫の中並みになってきました。本題に入る前に…。

新型インフルエンザワクチン問題その後を。

新型インフルエンザのワクチン接種も優先接種が前倒しになりました。テレビでは、マスコミの言うことを鵜呑みにして不安に駆られて接種を受けに病院にかけつけた親子の画が編集されて流れています。親御さんの不安を解消するために接種するんであって、その後子供がどうなるかわからない得体のしれないワクチンを打ってもいいのでしょうか。

そして、さっそく新型インフルワクチン接種直後に数名が亡くなってます。因果関係は伏せられていますが。

ポーランドでは、WHOがすすめる新型インフルエンザワクチンに対して、接種の安全性が確保されていないとして、保健大臣が使用を拒否したそうです。国民を守る立場として当たり前ではありますが、勇気ある決断です。

さらにアメリカでは半数近くの親が子供にワクチンを接種させないと答え、安全性が信用できないとした人が3割いたそうです。すでに接種させたと回答した人は14%で、これから接種させるとしたひとは39%とのこと。時事通信

新型インフルエンザが騒がれる少し前にワクチンが完成していたという話もあるぐらいですから、新型インフルエンザとワクチンはマッチポンプ産業である疑いもぬぐいきれません。



またウクライナでは、肺を破壊する原因不明の伝染病が蔓延し、10月30日に2名の感染者だったのが、11月19日現在で140万人と爆発的に増え、死者も328人に達しているそうです。





さて、種をまいてから52日が経過した中葉春菊ですが、そろそろワサワサ状態になってきました。


中葉春菊

とっても春菊らしい葉っぱになってきました。

あまり密集してもよくありませんので、間引きすることにしました。ちょうど夕食メニューがすき焼きで決定していたこともあり…。

中葉春菊間引き

だいたい、ひと掴みはあるでしょうか。長さ15センチほど…。

どれどれ、生で食べてみましょう~。


「春菊独特のエグミが少ない!生でも食べられる!」

驚きの瞬間。

もちろん、すき焼きにして煮て食べてもとってもおいしかったのは言うまでもありません。


春菊が大活躍する鍋の季節到来です。



↓ブログランキングに参加しています。クリックしてくださると、嬉しいです。
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ



テーマ : 永田農法(家庭菜園) - ジャンル : 趣味・実用

21:48  |  春菊  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
PREV  | HOME |  NEXT